メインイメージ画像

使い捨てのコンタクトレンズは使用期間がさまざまです

コンタクトレンズには、ハードタイプとソフトタイプの2つのタイプがあります。ハードタイプのレンズは、レンズのサイズが瞳よりも一回り小さく硬さのあるつくりになっています。使い慣れるまで、異物感を感じることが多いですが、瞳の部分にも酸素が届きやすく、長時間の使用や、乱視の矯正にも優れています。毎日のお手入れは必須で、使い方によっても使用できる期間は異なってきますが、ハードタイプのコンタクトレンズの場合、およそ2年から3年間です。

ソフトタイプのコンタクトレンズは、レンズの大きさが瞳よりも大きく、柔らかいつくりになっています。

そのため、装着中の違和感が少なく、スポーツをしてもはずれにくいです。ただ、汚れが付きやすいので、ハードタイプよりも丁寧な手入れが必要となります。このソフトタイプのコンタクトレンズの使用期間は1年から1年半が標準とされています。

従来はこれらの2種類が一般的なコンタクトレンズでしたが、今では使い捨てのコンタクトレンズが普及し、使い捨てのレンズを好む人が増えてきています。

使い捨てのコンタクトレンズには、1Dayタイプと、2Weekタイプと、1Monthタイプがあります。1Dayタイプのレンズは、使用期間が1日だけで、次の日には新しいレンズを使用します。一日の装着時間が長い場合や、埃などが目に入りやすい環境の所で過ごす場合や、旅行をしたりする時に最適です。2Weekタイプのレンズは、毎日の手入れは必須ですが、2週間の期間使用できます。

1Monthタイプのレンズは使用期間が1カ月で、交換の目安が分かりやすいのが利点です。

これらの使い捨てタイプのレンズは、今のところすべてソフトタイプのレンズになります。
1Dayタイプはレンズ自体は割高になりますが、2Weekタイプや1Monthタイプのような、毎日のお手入れをしなくてよいのと、ケア用品を購入しなくてもよいので、費用的には高すぎるわけではありません。それぞれレンズには特徴があるので、使用目的に合わせて、組み合わせて使用してみるとよいです。

更新情報