メインイメージ画像

ハードのコンタクトレンズは酸素透過性が高い特徴があります

コンタクトレンズのハードにはメリットやデメリットがあります。

メリットとしてはソフトコンタクトレンズに比べて酸素透過性が高めです。レンズの素材自体は酸素透過性が高いことと、瞬きの時にレンズが動くため涙によって多くの酸素が目の中に運ばれてきます。またソフトコンタクトレンズに比べ、直径が小さいので、空気中からより多くの酸素を吸収できます。またハードタイプのコンタクトレンズは瞬きをするたびに動くので、涙液交換が盛んに行われるので、目が乾きにくくなります。

もともと水分を含んでいないので、ソフトコンタクトレンズが乾く最大の原因であるレンズが乾いて眼球上の涙を吸い取るという現象が起こらないためです。

ハードタイプのコンタクトレンズは1枚当たりの値段が高めですが、きちんとケアすれば2年から3年は使えますので毎月数千円かかる1dayや3カ月ごとに費用が掛かる2weekに比べると遥かに安いです。
ソフトコンタクトレンズにも1年から2年使えるのもありますが、ハードタイプのコンタクトレンズはちゃんとケアができていれば、2年から3年は使えるので、やはり費用面では最安になります。ハードは水分を含んでいないためソフトと違い、水道水との相性が悪くないので出先でも簡単にケアできます。

汚れも溜まりにくいしアレルギー症状も発生しにくいです。

デメリットとしてはハードの装用感が気にならなくなるにはだいたい2週間から1カ月程度で慣れますが、しばらく付けていないとまた慣れるまでに時間がかかります。
また、1枚のレンズを長く使うので、しっかりとケアしないと目のトラブルを招く危険性もあります。これはソフトレンズでも同じです。

ハードは激しい動きや強い振動に強く、サッカーやテニス等などのスポーツをすると外れることもあります。水泳には向きません。高い集中力を求めるスポーツには向きません。目の涙の上に浮いている状態なので、不意の衝撃に外れることもあり、1dayなどに比べると紛失時の損失は大きくなります。

更新情報