メインイメージ画像

コンタクトレンズは使用期限を守って使いましょう

コンタクトレンズにはハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズの2種類があります。ソフトタイプのコンタクトレンズは1dayや2week等があります。ハードタイプのものでも同じように使用期限があります。この期限を守らないと危険です。

コンタクトレンズは目からするとただの異物です。

その為、どんなに正しく使っても眼病にかかることも多々あります。使用期限はそのリスクが少なく、また安全性を保証してくれる期間と思っても過言ではありません。要するに、使用期限が過ぎたコンタクトレンズを使用していると眼病にかかるリスクが大きくなるという事なのです。コンタクトレンズは丁寧に扱ってもタンパク質や脂質、空気中のほこり等でどんどん汚れていき、傷もついてしまいます。

2week用のコンタクトレンズを2カ月間使用し続けても問題がなかったという人もいるかもしれません。

ですが、それはただ運が良かっただけと言わざるを得ません。使用期限は製品を安全に使用することが出来る期限を定めたものです。その為、あらかじめ定められた使用期限を守り、使用方法や保存方法についても、その製品ごとで推奨されている方法で実施することが望ましいのです。ソフトでは1週間から2週間、中には1カ月のものもありますが、ハードのものは特に何も書いてない場合があります。ですが、長く使用したとしても2年程で交換するのが望ましいでしょう。

眼病等が怖い方は使用期限が1日の使い捨てのものをおすすめします。コンタクトレンズを期間を過ぎても使い過ぎるとどうなるのか、白目の充血、目やに、視力障害、視力低下、目の強い痛み、最悪の場合ですと失明の恐れも出てきます。傷や汚れのあるコンタクトレンズを使うことで目の一番外側にある角膜という部分が酸素欠乏に陥ったり、傷ついたりしてしまいます。さらに細菌等が入ると失明や角膜移植をするケースに発展してしまう可能性もあります。

コンタクトレンズを入れてみて、痛みが生じたり真っ赤に充血したりすると危険信号です。

更新情報