メインイメージ画像

カラーのコンタクトレンズは使用上の注意点があります

最近は、若い方を中心にコンタクトレンズのカラーの入ったカラーコンタクトが人気あります。カラーコンタクトは自分の瞳の色を変えたい方、ぱっちり目効果という自分の瞳の大きさを変えたい、瞳の輪郭をはっきりとさせることで、目力が上がるので人気があります。しかし、何点か注意をして使用していないと普通のコンタクトレンズとの違いがあるため、目のトラブルなどが起きてしまう可能性があります。しっかりと普通のコンタクトレンズとの違いなどを把握してから使用しましょう。

カラーコンタクトと普通のコンタクトレンズの違いがいくつかあります。まずは、メーカーによって変わってしまいますが、厚さや直径の違いがあります。普通のコンタクトレンズに比べると、カラーコンタクトは厚いものや大きさが大きいものが多いです。なぜかというと、着色が主な原因です。サンドイッチ構造という2層のレンズの間に着色しているためです。レンズの内側に着色してしまえば、レンズが1枚になり薄くなるのではと考える方もいると思いますが、そのような構造にしてしまうと、目にトラブルが起きてしまう可能性があります。以前は販売していたところもありましたが、そのような指摘があったため、このようなサンドイッチ構造のコンタクトが発売されるようになりました。そのため、普通のコンタクトレンズよりも厚みがあります。大きさはカラーコンタクトの特徴の1つで、ぱっちり目の効果を出すためにレンズが大きめに作られていることが多いです。また、他にも安全性に多少違いがあります。当然、安全性としては普通の透明なコンタクトレンズが一番安全です。目への負担にもカラーコンタクトの方が掛かりやすいです。しかし、最近は高度管理医療機器というものを承認されているカラーコンタクトは安全性が高いものが多いです。そのような高度管理医療機器の承認を得ているカラーコンタクトを使用していれば安全性は比較的安心できます。ただ、海外から取り寄せたカラーコンタクトにはこの高度管理医療機器の安全基準が満たせていない商品もあるので気をつける必要があります。

カラーコンタクトは、度ありとどなしといったものがあります。言葉通り、度ありは度数の入ったコンタクトレンズになります。度なしは度数の入っていない本当のおしゃれ用のコンタクトレンズになります。たまに、度なしのカラーコンタクトに普通のコンタクトレンズを重ね付けしようとしてしまう方がいますが、そちらは危険なので絶対にやらないようにしましょう。コンタクトレンズはとても繊細です。そのため、すぐにずれてしまい、破けて目を傷つけてしまいます。また、最悪な場合失明してしまう可能性もあります。そのため、目が悪い方は度数の入っている度ありのカラーコンタクトを使用しましょう。カラーコンタクトは高度管理医療機器に承認されて安全性の高いものが多くなっていますが、目の負担はかかりやすいです。そのため、普段使いはあまりせずどうしても使用したいときに使うようにした方がいいでしょう。

最近は通販でもたくさん販売されていて、処方箋がなくても購入することができます。しかし、度ありのカラーコンタクトは視力の検査などを行うために、一度は眼科に行った方がいいでしょう。度なしのカラーコンタクトであれば眼科に行く必要がありません。ただ、コンタクトレンズを初めて付ける場合は、眼科に行き医師に相談してから使用した方が無難でしょう。今まではコンタクトレンズを使用しておらず。気づかなかったドライアイなどで使用上の注意などが聞けます。そうすることで、目のトラブルを予防することができます。他にも、カラーコンタクトには特に過酸化水素系の洗浄液は使用しない方がいいでしょう。洗浄力がとても強いので、色素を溶かしてしまう可能性があるからです。しかし、全てのメーカーが使用できないわけではないので、しっかりと調べてから使用しましょう。

更新情報