メインイメージ画像

コンタクトレンズは面倒でもしっかりケアしましょう

コンタクトレンズは種類によってケアや保存の方法が違います。しっかりとケア等の方法を知って、コンタクトレンズを使用しましょう。

なぜ、コンタクトレンズをケアしなければいけないのか、コンタクトレンズには装着時にさまざまな汚れが付着してしまうからです。タンパク質から脂質、カルシウムなど涙液からの分泌されたものや、女性だとメイクをされる方が多いですが、化粧品が目の中に入り、そちらもコンタクトレンズに付着してしまいます。その汚れをとるためにケアが必要なのです。この汚れを取らずにコンタクトレンズを使用してしまうと、目がかすんでしまい、曇ってしまって見えにくくなります。 他にも、目がゴロゴロして装着感が悪くなり、コンタクトレンズを落としてしまう可能性もあります。なによりも、そのような汚いコンタクトレンズを使用していると、目のトラブルが起きてしまい、最悪の場合失明してしまう可能性があります。そのため、しっかりとケアを行いましょう。

ソフトコンタクトレンズのケアの方法はいくつかあります。マルチパーパスソリューションというレンズの洗浄、消毒、保存が1つの液で行うことができます。こちらは、コンタクトレンズを手のひらに乗せて、液を垂らした後レンズを指で軽くこするこすり洗い、その後液を使いすすぎの作業をします。すすぎの作業を終えたら、専用のレンズケースにまた液をいれて、洗ったレンズを浸します。そのあと、最低4時間ほどは放置します。これで完了です。メーカーによって、多少変わりますが、大体はこのような作業を行います。こちらは手間がかかりますが、値段が安くコストパフォーマンスがとてもいいです。次に、過酸化水素タイプがあります。過酸化水素タイプは洗浄、消毒を行ってくれます。マルチパーパスソリューションなどにより、消毒効果が期待できます。ケアの方法がとても簡単です。専用のケースにコンタクトレンズを入れて、液を浸し、何時間か放置して終了です。メーカーによっては、液体1つだけのものや、液体だけではなく錠剤などをいれるものもあり、その後にしなくてはいけない作業があるものもありますので、購入した商品の取り扱い説明書をしっかりと読みましょう。こちらは、マルチパーパスソリューションのものより多少値段が高いですが、こすり洗いや、すすぎの作業が必要ないので、面倒な作業が嫌な方、手荒れが気になる方などにおすすめです。また、煮沸消毒もありますが、レンズの劣化などの心配がありますので、あまりおすすめはできません。しかし、消毒効果は確かに高いです。また、カラーコンタクトレンズの場合は、メーカーによってはマルチパーパスソリューションのみ対応のものがあります。過酸化水素タイプはカラーコンタクトレンズの色素を落としてしまう可能性があるためです。そのため、使用が禁止されているカラーコンタクトの場合は過酸化水素タイプのものは使用しないようにしましょう。

ハードコンタクトレンズのケアの方法です。1液タイプのレンズの洗浄や保存、タンパク質の除去を行ってくれるものがあります。酵素の力で汚れを落としてくれるのです。レンズをしっかりと持ち、液をたらします。指の腹でレンズ両面を軽くこすります。そのあと、流水でレンズをすすぎます。すすぎが終わったら、専用のレンズケースにコンタクトレンズを入れます。レンズケースに液を入れて、一晩ほど放置します。こちらもメーカーによってやり方が多少変わるのでしっかりと説明書を読みましょう。他に、レンズの汚れをしっかりと落としてくれる洗浄液と保存液のものと、タンパク質を分解してくれる酵素の液を組み合わせて使うタイプの2液タイプのものもあります。 1液タイプでは、不安な方はこちらを使用するといいでしょう。後は、こすり洗いのために使用するクリーナーがあります。こちらは、洗浄液と指を使って、レンズの汚れを落とすものがあります。こちらは、研磨剤が入っているものや、入っていないものがあります。入っているものは、コンタクトレンズによっては使えない可能性がるので注意が必要になります。

更新情報